HTMLテンプレートのPugを使えば、より効率的なコーディングができるようになります。

今回はコメントの書き方をまとめてみました。

コメント

コメントの付け方はJavaScriptと同じで、行頭にダブルスラッシュ//を付けます。htmlに反映させない場合はそれにハイフン-を加えるだけ。ブロックコメントも同じ方法で、インデントを付けるだけです。

// コメント
//- 見せないコメント
//
  ブロックコメント
  2行目
//-
  見せないブロックコメント
  2行目 
<!-- コメント-->
<!-- ブロックコメント
2行目-->

条件付きコメント

要するにこういうやつですね。

<!--[if lt IE 9]>
<script src="html5shiv.js"></script>
<![endif]-->

これは次のようには書けません。

//
  [if lt IE 9]>
  script(src='html5shiv.js')
  <![endif]

訳の分からないことに…

こういうときは、htmlの構文でそのまま書けばOKです。”<”で始まる行はそのままのテキストが出力されるようになっているからです。

参照:Comments – Pug