WordPressの開発・テスト運用のため、XAMPPを使ってローカル環境を構築しています。

PHP5がWordpressのサポート対象外になるので、PHPを7.3にバージョンアップすることにしました。本当はとっくに済ませていなければいけなかったんですが。

当然PHP以外も全部古いバージョンのままなので、PHPだけ最新バージョンにした途端、めっちゃエラー出て使い物にならなくなりました。ググって解決できるレベルではない…というわけで、XAMPPの最新バージョンをインストールしてスッキリ生まれ変わろう!

XAMPPをバージョンアップする4ステップ

  1. WordPressのバックアップをとる
  2. XAMPPをアンインストールする
  3. XAMPPの最新バージョンをインストールする
  4. WordPressを復元する

WordPressのバックアップをとる

ファイルのバックアップ

xamppフォルダ内のファイルをコピーしておきます。基本的にはその中のhtdocsフォルダの中身だけでいいです。

データベースのバックアップ

XAMPPを起動し、phpMyAdminにアクセスします。

各データベースを開いて、それぞれ「エクスポート」>「実行」でバックアップファイルを保存していきます。

XAMPPをアンインストールする

アンインストールしても空のxamppフォルダが残っていたりするので、それも消します。

XAMPPの最新バージョンをインストールする

XAMPPの最新バージョンをダウンロードして、インストールします。

WordPressを復元する

ファイルの復元

新しいhtdocsフォルダに、保存しておいたファイルを戻していきます。元々入っているファイルは上書きせずに、作成したファイルだけを移します。

データベースの復元

(1) データベース名とユーザ名・パスワードを確認する

各wordpressファイルの中のwp-config.php(htdocs > [wordpress] > wp-config.php)をテキストエディタで開いて、「WordPress のためのデータベース名」「MySQL データベースのユーザ名」「MySQL データベースのパスワード」「MySQL のホスト名」を確認します。

(2) データベースを復元する

XAMPPを起動し、phpMyAdminにアクセスします。

「New」をクリックして、(1)で確認したデータベース名を入力して「作成」します。照合順序もお間違いなく。(utf8_general_ci)

「インポート」>「ファイルを選択」でバックアップファイルを選択して「実行」

インポートできたら、「特権」>「Add user account」と進み、(1)で確認したユーザ名、パスワード、ホスト名を入力して「実行」。もういっちょ「実行」

確認してみる

以上で復元作業まで完了です。アクセスして確認してみましょう。