【WordPress】高度なCSVエクスポート・インポートができるWP Import Export Lite

Wordpress

WordPressのCSVインポーターといえばReally Simple CSV Importerが有名です。

名前の通りシンプルで使いやすく、日本で広く利用されているため情報もたくさん出回っています。

しかし難点もあります。

まず、長らく更新されていないこと。不安です。

CSVを調整しないといけないこと。インポーターに合わせてデータの項目名を調整しないといけません。

さらにカスタムフィールドやカスタムタクソノミーを含む投稿をインポートするとなると急激に難易度が上がります。私も何度ハマったことか‥‥‥

そして、どうせなら1つのプラグインでエクスポートとインポート両方できたらいいのにと、だれもが思っているはず。

そんなニーズに応えてくれるのが、掘り出し物のプラグインWP Import Export Liteです。

無料の高機能プラグイン WP Import Export Lite の良いところと簡単な使い方をご紹介します。

WP Import Export Lite の良いところ

WP Import Export LiteはWordpressの管理画面からプラグインの新規追加でインストールできます。

見ての通り、ちゃんと更新されていて、最新のWordpressバージョンに対応していますね。

その名の通り、インポートとエクスポートができる無料のお手軽プラグインです。

カスタム投稿タイプやカスタムフィールドやカスタムタクソノミーなど、あらゆる項目をインポートすることができます。

Advanced Custom FieldsやCustom post type UIを使っていても問題ありません。

インポートの手順の中で項目の照合をするため、CSVの1行目で項目名をWordpressに合わせる必要ありません。

WP Import Export Lite の残念なところ

WP Import Export Liteは日本語化されていないので、少しとっつきにくいです。

みんなReally Simple CSV Importerが大好きなので、日本語の情報もあまり見つかりません。

インポートする際のステップがちょっと多いけど、慣れたら相当使い勝手が良いです。

WP Import Export Lite を使ってインポートする

まずはCSVインポートのやり方です。

CSVファイルをアップロードする

管理メニューから「WP Imp Exp」→「New Import」を開きます。

インポートするファイルを選択。アップロードしたら「Continue to Step 2」をクリックします。

何をインポートするか選択する

何をインポートするか選びます。カスタム投稿タイプも選べます。

さらに、既存のデータを上書きするかどうかをラジオボタンで選びます。新規ならそのままでOK。

Step 3に進みます。

フィルターとオプションの設定

フィルターとオプションの設定画面になりますが、基本そのままでいいです。

プレビューを見てみましょう。

項目名が変になってます。「カテゴリー」と「タグ」が「undefined」に‥‥‥項目名は日本語NGなんでしょうね。でも気にしなくてOK!

項目名は次のステップで調整するので、識別できれば何でも構いません。

おそらくデータを見ればどれがどの項目か分かると思いますので、ちゃんと値が入ってればそれでOKです。Step 4に進みましょう。

Field Mappingの設定

Field MappingでWordpressのフィールドにCSVの項目を当てはめる作業を行います。

ホント公式動画があって助かったステップ。0:52あたりからField Mappingの設定をしています。

https://ja.wordpress.org/plugins/wp-import-export-lite/

Really…で慣れた人は少し面倒に感じるかもしれませんが、これがあるのでCSVの1行目をごにょごにょする必要がなく、結果的にとてもストレスフリーになります。

右のプレビューの項目名がクリックできるので、ドラッグ&ドロップでField Mappingの該当する欄に当てはめていきます。

カスタムフィールドは、NameにWordpressのカスタムフィールド名、ValueにCSVの項目名を入力します。

カテゴリーとタグとカスタムタクソノミーは、Taxonomies, Categories, Tagsセクションに表示されるチェックボックスを選択して、該当するタクソノミーを当てはめます。

投稿ステータスは「公開済み」がデフォルトなので、下書きにする場合は Other Post OptionsセクションにあるPost StatusでDraftを選択してください。

他の項目もOther Post Optionsセクションに入っています。インポートする場合は、各項目のラジオボタンでAs specifiedを選択し、項目名をドラッグ&ドロップします。

これ毎回やるの面倒なので、「Save Settings」しておくと良さげ。

Step 5に進みます。

既存データの上書き設定

Choose which data to update の下にあるチェックボックスで、既存データに上書きをする項目を選択できます。

新規データだけならUpdate all data選んでおけばOKです。

「Continue」をクリックします。

インポートを実行する

こんな内容のインポートを実行しますよ~という要約が出ます。

「Confirm & Run Import」をクリック!

画面が切り替わり、「Import Complete!」になったらインポート完了です。

WP Import Export Lite を使ってエクスポートする

次はエクスポートのやり方です。

何をエクスポートするか選択する

管理メニューから「WP Imp Exp」 →「New Export」を開きます。

エクスポートするデータの種類を選びます。カスタム投稿タイプはもちろん、いろんなタイプが選べます。

Export Type を選択すると下にオプションが出てきます。

Choose Fieldsセクションで、どの項目をエクスポートするか選んでいきます。

「Add」ボタンをクリックすると、Wordpressのフィールドが全部出てくるので、どれをエクスポートするか1つ1つ選択して「Save」を繰り返します。

Advanced Optionsセクションでは、エクスポート形式などを設定できます。

デフォルトはCSVエクスポートですが、XMLやエクセル、JSON形式も選べます。今回はCSVなのでそのままでOK。

この作業は結構面倒なので、サイドメニューの「Save Setting」で保存しておくと良いでしょう。

画面右上の「Export」をクリックします。

エクスポートファイルをダウンロードする

あとはエクスポートが完了したらダウンロードするだけです!

「Close」を押して閉じます。

まとめ

インポート/エクスポートする際の設定が面倒に感じるかもしれませんが、そのおかげで思い通りの処理ができます。

ここまでできる無料プラグインはなかなかないのではないでしょうか。

まだまだ全容を把握できていないので、不正確な部分があったらコメントしていただければ助かります。

コメント